スマホ修理の前にバックアップを取っておく方法

スマホを修理に出すときは待った無し。 データバックアップ方法の紹介です。

おすすめリンク

電話代行でコストカット!

電話対応をプロが対応してくれるのでクレーム減!さらに電話代行なら人件費低下で効率の良いコストカット

主なバックアップ方法

あまり考えたくありませんが、今この習慣も便利に使っている私たちのスマートフォンを修理に出さなければいけない事があります。
落下によるひび割れや、バッテリー切れでもないのに電源が突然落ちる現象など、症状は様々です。

修理に出すときにはネットでも店頭でも、申し込み時に必ず「バックアップは取りましたか」「バックアップを取ってください」と言った確認を受けますが、これは一体どうしてでしょう。

スマートフォンを修理に出した際、お客様の個人情報に触れることや、動作環境をより正確に把握するため、かなり多くの場合スマートフォンに保存したデータやアプリは削除されてしまいます。
そうです、初期化されて、買ったときに近い状態で手元に返ってくるのです。
当然、修理前にバックアップを取っていなかった場合、そうしたデータは戻ってくることはありません。
消去されてしまうデータの一例としては、写真、アドレス帳に保存した住所電話番号・メールアドレス、音楽データ、スケジュール、LINEのやりとりなどです。
要はスマートフォンを購入してから追加した情報はほとんど含まれると思ってください。

こうした事態を避けるために、スマートフォンを修理に出す前には必ずバックアップを取りたいところですが、不具合の内容が、電源が入らないとか画面が真っ暗になってしまうというものですと、その状態でバックアップを行うことはできません。
不具合がないときでも、定期的にバックアップを取っておくことを心がけてください。