スマホを修理に出すときは待った無し。 データバックアップ方法の紹介です。

>

その他のバックアップ方法

この記事をシェアする

SDカードを使ってみよう

データをSDカードやマイクロSDカードに保存する方法もあります。
保存したいデータによっては時間がかかりますが、「自分のデータがネットワーク上のどこかにある」というなんとなくフワフワした感じが苦手な方には安心できる方法だと思います。
android端末にはスロットと呼ばれるマイクロSDカードの差込口がある場合が多く、スロットのない端末やios端末の場合は外付けの機器を使って保存します。
どちらの場合も専用のバックアップ用アプリをインストールして使用します。

SDカードは購入も容易で便利ですが、小さくて紛失しやすいこと、また、強度が弱く、非常にデリケートであるという点を理解して、取り扱いには注意する事が必要です。

HDDを利用する

クラウドサービスもPCも容量に余裕がない場合、PCに接続してるHDD(ハードディスクドライブ)にデータを保存するという方法もあります。
私自身はios端末を使用していて、iTuneを使ってこの方法でデータ保存をしています。
ただ、最初の設定はmacPCのFinderからいくつかの工程を踏んで保存先を指定するという作業が必要になり、ネット上で調べた手順通りに作業するだけだったのですが、あまり気軽に取り組むという感じではありませんでした。
今回記事を書くにあたり、色々と情報を調べていくと、スマホに直接差し込んでデータを記録できるUSBタイプのドライブもあるようなので、個人的にはそちらが使いやすいのかな、と思っています。
androidからwindowsのPC経由でHDDにデータ保存する方法はもっと簡単で、いわゆるPC上のデータをHDDにコピペする方法で可能らしくその場合は初心者にもオススメの方法です。