スマホを修理に出すときは待った無し。 データバックアップ方法の紹介です。

>

戻ってきた端末にデータを再保存する

この記事をシェアする

基本的には保存時と逆手順を行うだけ

例えばiTuneを利用していれば、iphoneを差し込むだけで自動的にバックアップの要否を確認するメッセージが表示されますし、バックアップ用アプリを利用してデータ保存した場合、同じアプリでデータの復旧が可能です。
保存先がどこであっても、基本的にはデータ保存の際に利用したアプリを使うと思ってください。

ネット上のクラウドサービスを利用する場合、通信環境などによって稀にデータがうまくバックアップされない、または復旧されないというトラブルが生じるようです。
そうなってしまうと、データは二度と確認できなくなってしまいますので、本当に重要なデータだけはやはりクラウドともう一つ別の保存先を確保しておきたいですね。

LINEは特別なバックアップが必要

スマートフォンをお持ちの方の多くが利用しているLINEですが、端末のバックアップを取ったら何もしなくてもこれまでのトーク履歴が復旧するかというと、そうではありません。
修理が済んで初期化された端末は、いわば機種変更した新しい端末、ということになります。
うっかり修理前の準備を怠ってしまうと、これまで大切な人たちとやりとりしてきた大切なデータが全部見られなくなってしまいますので注意が必要です。
作業できる場合はスマートフォンを修理に出す前に旧端末からFacebookと連動する、またはメールアドレス登録、アカウント引き継ぎ設定を忘れずに行いましょう。
修理が終わってスマホが戻ってきたら、LINEにログインして正しく承認作業を行えばこれまでの履歴が復旧します。